准看護師 求人

看護師になる方法は2つある

2つの道がある

看護師になる方法としては、大別して2つの道があるとされています。
それは正看護師と、准看護師のどちらかになるということです。

 

両者の違いは、看護師の場合には、厚生大臣の免許を取得し、診療の補助を生業にするものを言います。
准看護師の場合には、都道府県知事の免許を取得し、ドクターもしくは歯科医師、看護師の指示を受け、傷病者などの容量上の世話や診療の補助を生業にしているものというのが、法律上の違いです。

 

看護師になる方法として、この二つの方法があることをしっかりと把握しておきましょう。
国家公務員と地方公務員のような違いがあり、都道府県知事から免許を取得する准看護師の方が取得しやすいことには変わりありません。

 

資格取得後のキャリアアップに違いがある

看護師も准看護師も、一般的な認識は一緒なことが多いです。
看護師になる方法は、多少の違いはあれど、看護師にしか認められていないステップアップが用意されています。

 

それが認定看護師や専門看護師という資格です。
年々とその数は増加傾向にありますが、まだまだこれらの看護師の数は少なく、大病院でも数名。
一つの医療機関に片手でしか数えるくらいしか存在していないというのが、現状になります。

准看護師でも働きやすい病院とは?

働きやすい病院ってどんな病院?

正看護師と准看護師で働きやすい病院は異なってくると思いますが、やはり人間関係が良い病院が働きやすい病院ですよね。人間関係が良いというのは、抽象的な内容でしかも人によって違いがありますので、なかなかはっきりとは言えません。しかし、人が辞めにくい職場であれば、人間関係は比較的いいですよね。その点に関して、正看護師と准看護師で違いがありますので、その点を説明します。

正看護師と准看護師、共に人間関係の良い職場は少ない?

基本的には正看護師と准看護師が仲良く共存している病院は少ないです。大学病院や総合病院などでは、正看護師でないと看護師ではないくらいの扱いを受けることがありますし、正看護師の免許を取得することをしつこく勧められるケースも多いです。こういった環境下では准看護師であることが惨めに思えてくることもあり、准看護師にとって働きやすい病院とはいえません。
逆に准看護師の多い個人の小規模な病院に背看護師が入職した場合はどうでしょうか?准看護師の先輩は、後輩である正看護師に指導していくわけですが、お互いに気持ちよく指導が進むことは少ないです。というのも、先輩の准看護師は正看護師に対して良い感情を持っていないことが多く、きつくあたることがあります。そして後輩の正看護師からすると、何で准看護師に教えてもらわないといけないのか、という不満の気持ちがある時があります。こんな状態では働きやすいとは言えませんので、お互いに適した病院選びが大切です。

 

 

人間関係や働きやすさを重視した職場を探すならこちらのサイトもおすすめです。

 

看護師の転職を応援>>